つま先の向きで好きか嫌いかわかっちゃう心理学知りたくありませんか

ゆうきちです。

今回は、つま先の向きで相手の心理を読む!!

そんなお話です。

夏の京都は、ひょうに蒸し暑いですよね。

そのため、人々は涼を求めて鴨川べりに集まってくるんですが、

夏の京都名物のひとつに、

等間隔に座る鴨川べりのカップル

がいることをご存じですか?

別に目的があるわけではないと思うんですが、

そのカップルたりは、測ったように等間隔で並んだように座っているんですね。

また、そのカップルの態勢をもう少し観察すると、

それぞれのつま先やひざが、

お互いの方を向いているカップルが多いはずなんです。

これは、つま先やひざが、関心のある方へ向けられている傾向があるためで、

お互いに好意を抱いている証拠なんですね。

といことは、たとえば、男性とひざとつま先は、女性の方を向いているのに、

女性のつま先とひざが反対側を向いていれば、

女性がやや逃げ腰とみることができますね。

このつま先やひざの向けの関係は、ビジネスの世界でも当てはまるのです。

向かい合わせに座ったとき、相手のつま先やひざがこちらに向いていれば、

相手も乗り気であることを示すんです。

でも、口では上手い話をしていても、

つま先やひざが別の方向を向いていれば、

本心はどうだかわかわない!!

とみましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ