こちらから先に個人的な話をするとこんなにメリットがあるんです!その内容はこちら

ゆうきちです♪

初対面で、まだ打ち解けていない相手と話す場谷、話し手のほうから率先して個人的な藷をすると、

相手も自分のことを積極的に話してくれるようになるんです。

これは、人から本音を打ち明けられると、自分も相手に合わせて本音を言わなければいけないような雰囲気になるからなんですね。

「この人は、私にだけ個人的な話をしてくれているのかもしれない。それだけ信頼してくれるのなら、真剣に話を聞いてみよう。私のほうも個人的な話をしてみようかな」

という気持ちになってくるのです。

本音や個人的な趣味・体験などを他人の前で披露することを、心理学では「自己開示と呼んでいるんです。

自己開示をすると、いろいろな心理的な効果が期待できるのです。

その一つは、租手と自分の心理的な距離が縮まることなんですね。

つまり、個人的な話題を出すことによって、相手は話し手に対して信頼感を持ち、友好的な人間関係を深めようという気持ちになるんです。

二つめの効果は、とくに話の内容に共感が持てた場合、相手が、

「この人も自分と同じようなタイプの人間なのだろう」

と、親近感を持つようになることなんです。

なので、相手がどうも口を開きにくい雰囲気で、会話が弾まなかったら、

「じつは、私には、腕時計を集める趣味があるのですが……」

というように、まず自分の趣味話などをしたり、あるいは、

「ところで、ノートパソコンを買おうと思っているのですが、どんなものがいいやら迷っていまして…」

というように、個人的な体験などを話しながら租手の返答を促せば、

それに対する感想や考えを話してくれるはずなんです。

そこから、その人の趣味や関心事を感じとって、本音を語り合える話題を見つけ出しましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ