いつも不満を漏らす人は、実はプレッシャーに弱いって知ってました?

ふじきちです。

あなたの周りでも、頻繁に不満を漏らす人っていますよね。

今回は、そんな人の深層心理を覗いていきましょう。

飲みにいくたびに、

課長の態度、おかしいと思わないか?

などと、上司や同僚への不満や愚痴を口にする人っていますよね。

多くのサラリーマンが、

身に覚えがある。

と感じているかもしれないんですが、

本当に不満をよく漏らす人は、

上司や同僚への不満だけではおさまらないで、

その飲み屋の料理や店員の態度、店の雰囲気にまで、

不満や不平を口にするものなのです。

親しい人に、つい不満を漏らすのは、

それだけ心を開いている証拠でもあるんですが、

それにしても、いつも不満を口にする人は、

プレッシャーに弱く、

他人への依存心が強い、

タイプが多いんです。

つまり、自分に自信がなくて、

常に落ち着かない状態にあるので、

他の欠点を指摘するこてで、自分を安心させようとしているのです。

また、他人を頼り、誰かに助けてもらいたい願望も強いので、

その願望が、不平や愚痴になって、

口からあふれ出てくるんです。

また、

絶対に大丈夫だ、

とか、

それは、完全にありえないよ、

というように、断定的な言い方も、

実は、自分に自信のもてない人の特徴なんですね。

口調は断定的でも、心の奥では自分の主張に不安を感じているから、

ついつい断定的になってしまうんです。

そういう人は、

権威に弱く、

思い込みが激しいので、

的に回すとやっかいなタイプなんですね。

そういう人とは、適度につきあって、

あまり、深入りしないことをおすすめしますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ