エスカレーターの乗り方で気配り度をチェックできるんです!

ゆうきちです。

駅などに設けられれたエスカレーターの乗り方にも個人差がでるんです。

昨今では、

関東では右側をあける

関西では左側をあける

という地域差はあるにしても、

先を急ぐ人のために片側をあけるのが、暗黙のルールになっているんですね。

とくに都会のターミナル駅では、

片側あけ

はもはや常識となっているのです。

それなのに、無遠慮にエスカレーターの真ん中に立ったり、

自分の横に大きな荷物を置いて平気な顔をしているのは、

他人にまったく無関心か、他人のことはお構いなしというタイプなんでしょうね。

たかが、エレベーターの利用の仕方からも、周りへの気配り度や、強調性のあるなしを

うかがい知れるのです。

また、エレベーターでも、必ず歩いて昇り降りする人もいるんですが、

このタイプにも強調性が低いタイプが多いんです。

誰かが前をふさいでいるだけで、苛立ちを覚えるようなタイプには、

物事を急ぎ過ぎるあまり、ときとして協調性を失いがちになる傾向があるのです。

なお、念のために確認しておくと、本来の正しいエスカレーターの乗り方は、

黄色い枠の中に立ち、急停止などのトラブルに備えて移動手摺りにつかまることなんです。

また、世の中には、手摺り側の手が不自由な人もいることを忘れないでくださいね。

右側、左側をあけるという

ご当地ルール

はあくまで自然発生的なもの。

それを守っていないからといって、即座に邪魔者扱いする人は、

それこそ思いやりに欠ける身勝手な性格の持ち主といえますね、

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ