手を隠しているのは警戒心の表れってホントなの?

ゆうきちです。

今回は、ずっと手を隠している人の深層心理を覗いていきましょう。

話し相手が、ずっと手を隠していることってないですか?

たとえば、

テーブルの下に置いたり、

ポケットにいれたり、

背後に隠したり、

しているような場合なんですね。

相手が手を隠すのは、

目の前にいるあなたを、警戒心しているからなんです。

心理学では、相手の接近を拒否する心理行動とされていて、

特に一対一で向かい合っているときには、

自分の本心を知られたくないという、

心理の表れとみられているんです。

ただ、その場合の相手が、何を警戒しているかまでは、わからないんですね。

あなたに、不信感を持っていたり、

あまり親しくしたくない、

と思っていることもあるだろうし、

嘘や隠し事をしているかもしれないんです。

あるいは、何かやましいことがあって、

それを悟られないようにしているのかもしれないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ